豊胸手術ごの胸のしこりの痛み対処法


 豊胸手術後に多い後遺症の一つが、しこりです。施術法にはヒアルロン酸注入、シリコンバッグ挿入、脂肪注入という方法がありますが、ヒアルロン酸と脂肪の注入でしこりができてしまうことがあります。

これは、ヒアルロン酸の場合は皮膚の中で一箇所にかたまってしまい、そこに皮膜ができてしまうのが原因です。脂肪は、皮膚の中で塊となったものが壊死してしまうことでしこりとなります。

 どちらの場合でも、痛みが出てきてしまった場合はすぐに病院へ行って対処してもらった方がいいです。ヒアルロン酸と脂肪注入でやり方は違いますが、しこりになったところを柔らかくして取り出すことができます。

 ヒアルロン酸の場合は、ヒアルロン酸を溶かす酵素を注入して除去する方法があります。脂肪は、ベイザーリボでしこりを壊してから吸引します。
 どちらの場合も、血管の圧迫や皮膚の壊死などを招きますので、ほんの少しの痛みでも長引いたり消えないようであれば、病院へ行って相談してみましょう。

カテゴリー: 豊胸手術の後遺症問題「対処法」 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります