術後傷口がケロイドになってしまった時の対処法


 豊胸手術は外科手術ですから、どうしても身体に傷が残ります。特にシリコンバッグを入れたり取り出したりするときは、大きな傷口がついてしまいます。

腕のいいお医者さんなら傷が残らないようにアフターケアをしてくれる、あるいは傷が目立たないように気をつけて切開の場所を考えてくれるのですが、実は術後の傷についてのトラブルに関する相談も多いそうです。

 傷口がケロイドになってしまい、そのまま残ってしまうと言うケースも多いようです。ケロイドになりやすい体質の人は、何年も大きな傷跡が身体に残ってしまい、新たなコンプレックスや悩みを抱えることになってしまいます。

 術後にカウンセリングを受けに行って相談することもできますが、傷跡を綺麗にする技術も今はありますので、その治療も行ってくれるクリニックなのかを事前に確認するといいでしょう。また、術後にクリニック側が何も対処してくれないときは、消費者センターなどに相談してみましょう。無料で相談できます。

カテゴリー: 豊胸手術の後遺症問題「対処法」 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります