豊胸手術後の痛みの後遺症問題


 豊胸手術のあとに、痛みが生じる場合があります。ヒアルロン酸、コンデンスリッチ、シリコンバッグ、いずれの場合も痛みの後遺症問題の可能性というのは回避できません。

 ヒアルロン酸は、前の記事まででも触れてきたようにしこりができたことによる痛みです。ヒアルロン酸が塊になり血管を圧迫するのが原因ですので、皮下でかたまらないように術後にマッサージをするなどの対応方法があります。無理にたくさん注入しないことも大切です。

 シリコンバッグは、バッグを包むように皮膜ができることで締め付けられ変形し、痛みが生じます。バストも形が悪くなるのですが、それ以上に固くなってしまうので、無理して入れ続けてはいけません。ひどくなったらすぐに取りだしてもらいましょう。皮膚の壊死が原因の場合もあります。

 コンデンスリッチのしこりも、脂肪が一箇所で塊になってしまうのが原因です。壊死して固くなります。乳がんなどの心配はありませんが、しこりに気づいたら病院で見てもらって、取り除いてもらうようにしましょう。

カテゴリー: 豊胸手術の後遺症問題「基礎知識」 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります